HP 【e-冊子印刷】  めるまが 【プロが教えるおきらく印刷術】
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 真横に生えた親不知 | main | ISOT国際 文具・紙製品展 >>
茶道 宗偏吉田流


6月1日


いしとものお稽古している、 【茶道宗偏吉田流】では、
毎年この時期に【両祖忌追善のお献茶とお茶会】が開かれる。


【両祖忌追善】の両祖というのは、
吉田のお殿様だった小笠原公と、流祖の山田宗偏のお二人のこと。


山田宗偏はね、江戸時代前期のお茶人。

宗偏流茶道を興した茶人として茶道界でも高名だけど、

一般には元禄赤穂事件(忠臣蔵事件)の際に
大高源五に吉良邸茶会の日を教えた人物として有名♪


詳しく知りたい方は、こちらを見てね♪



明暦元年(1655) 当時、三河国吉田藩(現在の豊橋)
を治めていた小笠原公が、

その頃都会で流行っていた【華やかなお茶】を疑問視して、

侘び茶をベースにした茶道の指南役として、
千宗旦を当地に招いたのだけど…。

宗旦氏は高齢のため来られないっちゅうことで、

代わりに宗旦の推挙をえた愛弟子の宗偏が、
100石格で吉田のお殿様にお仕えするようになった。


ちゅうところから、お話が始まります。


宗偏は、43年間(29歳〜72歳まで)も吉田にとどまって
お茶の指導と活動をしたので、後世に残る有名な弟子達と、
数多くの遺品、茶室、庭などを吉田に残したんだって。


なので、豊橋では宗偏流のお稽古をしている人が多いのだ〜。


そして、千宗旦が亡くなると、宗偏は茶統をついで
【不審庵四世】となります。


あ、一世は千利休です。


こんな説明でわかるかな? ははは。


ま、難しい話はこのくらいにして〜。


そのお二人の追善のお献茶と大茶会が、
この日、かくも盛大に行われました。 のさ。






会場の臨済寺は、吉田のお殿様 小笠原公の菩提寺。






毎年この日は門戸が開かれ、お殿様の墓前まで参内できるんだよ。





広大な敷地の中には茶筌供養のための塚もある〜♪ るるる〜♪





んで、この臨済寺にはお茶席が7つ!! もある。びっくり!




今日は、お濃茶席が二席、薄茶席が二席。





本堂裏の流祖お手植えの竹やぶの中では、野点で薄茶席。





差し入る光にも風情があっていいねぇ。







こちらは、本堂お二階の【円窓の間】での薄茶席。
ま〜るい窓が見えるでしょ。だから円窓の間。





と廊下。 ここもいい感じでしょ?
でも、冬はめちゃめちゃ寒いんだよ〜!





二階から見たお庭。
この屋根の下がこれから行くお茶室【豊徳庵】だよ。





いしともは今回、ここがお当番のお席。


写真は草履取り係りの時に撮ったもの。
仕事しないで写真撮影とは、完全にみんなの言うブロガー? ははは。





受付を通られた方は、まず寄り付き(別室)でお菓子をいただきます。





んで、お菓子をいただいたらこの【待合】で呼ばれるまで待つのだけど、
この日は人数が多いので、そのまま寄り付きでお待ちいただきます。






お席の準備ができたら、つくばいで手と口を清めて
にじり口からお席入りです。





このにじり口は千利休が考案した入り口。


お茶室には誰でも頭を低くしないと入れません。
刀なども携帯していると入れません。


茶室の中には浮世の地位やしがらみなどを
持ち込んではいけないのです。


でも、マジここ狭いです!


通ったことがある方はご存知だと思うけど、
入るのはいいんだけど、出るのが至難の業なんだよね。ははは。




狭すぎて、脱いだ草履を片つけるのも一苦労なので、
【草履取り】というお草履を片付ける係りがサポートいたします。




あ、でもこのお席には、にじり口の横に
普通サイズの出口があります。 親切〜♪





これはお茶室の中。

掛け物も花入れも文化財級の名品です。
この日は特別な日だったので大盤振る舞い!



 

お床には流祖宗偏の手作りの花入れと、直筆の掛け物。
お茶杓と蓋置も宗偏の手作りです!


うう〜ん、こんな貴重品には滅多にお目にかかれないですぅ〜。





そんなこんなで、お茶会も終了し、
無事にお片づけも済み…。



大事なお道具もあるべきところに収まり…。




一番ホッとしていたのは…。 





たぶん先生。



粗野な弟子が、粗相をして大事なお道具を壊したりはしないかと
きっと1日中ヒヤヒヤしていたことでしょう。  ははは。










お庭の所々にこんな、石に黒い縄紐をつけて置いてある所があるよ。
これは、ここから先は入ってはダメっていうお約束の印。


どこかで見かけたら、気をつけてね♪






あ、トップの写真はもちろん いしともの着物姿!

誰?? 馬子にも衣装とか、詐欺だとかって言ってるのぉ〜!!






イギリスにいる嬢王さまから、
襟の合わせ具合と、帯揚げの感じを見たいと
リクエストいただきましたので、写真追加です!




自分で自分を写すのって難しいなぁ、ははは。



いしともちゃん、キレェ!
竹やぶの中の野点なんて、いいなぁ。。。
安井レイコ | 2008/07/01 08:50
レイコ♪

うしし、綺麗っぽく写ってるでしょ?

写真って凄いよね、こうやってうまく写ったものだけ
並べておくと、いかにも美人に見える…。
いしとも | 2008/07/01 11:56
おぉ・・どこのモデルさんかと思ったよ。

風流だなぁ。お茶の世界。
お庭の黒い縄紐にそんな意味があったとは・・・。勉強になったでっす。
kaorin | 2008/07/01 12:35
いきなり石黒家礼夫人のお写真にびっくらこいた!

HPの写真はこっちに差し替えだな。

のっち | 2008/07/01 14:11
カオリン♪

デルモ?? ぎゃはははは。女は化けるのさ♪

んで、日本庭園の留め石、覚えておいて損はないデス。
いしとも | 2008/07/01 17:45
のっち♪

みんな褒めすぎだねぇ…。

今度みんなで神楽坂をお着物で練り歩こう!

いしとも | 2008/07/01 17:53
・・・・・・
なぜホンモノとこうも違うのだろぅ…

あ、とってもきれいです(笑)
なるせ@コスモテック | 2008/07/01 19:00

なんて素晴らしい、コスプレなんだ!!!
たむたむ | 2008/07/01 19:32
なるせさん♪

いっぺん死んで見る? ぎゃははは。
いしとも | 2008/07/01 21:43
たむたむ♪

そう、全身タイプの着ぐるみじゃんね! 

って、たむたむも死にたいのかな? ふふふ…。 
いしとも | 2008/07/01 21:45
今日の記事は、いつもの私のイメージするいしともさんとは違いまする…。
いしともさんって、こんな世界にいる方だったのですね!すんばらしいです^^

お着物、よく似合ってますよ。
正面を見ていないところが、またとってもグーです!
ゆかこ | 2008/07/02 09:59
おおおおお。

なるせさんから(直接ではないけど)いしともちゃんのブログ更新の情報をゲットして
いま、到着!

浮世を離れて、心が清まる世界だぁ。

いしともちゃん、、、、
最高のコスプレ

いや、気品ある女優さんみたい。
きれい・・・

日本史が最大級に苦手な私には
地名と人名の区別がつかんけど

わからないなりに、リアルに感動しています。

神楽坂を着物で歩くって、いいねぇ。
・・・きっと私には、迷子よけに
ピンクの腰紐がまかれているかも。



圭子お姉サマ | 2008/07/02 11:24
いしもとちゃん、
ぜひ熟女メンバーで、着物を着てで神楽坂を練り歩きましょう!
圭子お姉サマにピンクの腰ひもつけて。

で、誰がその紐持つのかな?

なるせさんに頼む?
のっち | 2008/07/02 14:17
ゆかこさん♪

いしとものイメージ?? 

やっぱ、みんな「がはは」のイメージなんだろうか?

ワタクシ、大和なでしこの代表ですのにね。お〜ほほほほ。
いしとも | 2008/07/02 14:35
圭子お姉サマ♪


あなたまでコスプレって…。ぎゃはははは。

成瀬情報? 

また、いしともが化けてるって
どこかで噂されてた?? 
いしとも | 2008/07/02 15:26
のっち♪


紐持ち? 東京には龍馬どんいないからねぇ…。

うん、成瀬父さんが妥当と思う!
でも、心労で倒れるかも…。
いしとも | 2008/07/02 15:28
訂正です。

礼夫人は「令婦人」でした。
変換ミスです・・・

令夫人いしともちゃんと、元令嬢圭子お姉サマと、元令息なるせさんと、腰元のっち、
想像しただけで笑える♪
のっち | 2008/07/02 17:26
のっち♪

時代物コスプレ大会in神楽坂だね!!
おもしろそ〜!


いしとも | 2008/07/02 18:30
まぁ〜きれいな、いしともさん!

趣味が広いんですね!
お花をたしなみ、お茶をたしなみ、
音楽を楽しみ、花火を楽しみ
いいな〜・・・
かずこ | 2008/07/02 21:15
自分のお間抜けに言葉もない・・・
令夫人 | 2008/07/03 12:10
結局、草毟ったよ(許可済み)えっ関係ない?(@_@。
麦茶をおくれヽ(^o^)丿
ビクアム | 2008/07/04 11:31
かずこさん♪

趣味が広いっちゅうか、やめられないだけっちゅうか…。

始めるとしぶといワタクシです。ははは。

かずこさんのお写真もいつも楽しみにしてます〜♪
いしとも | 2008/07/04 14:10
令夫人さん♪

おほほ、いしともも結構お間抜けだからご心配なく〜。

あ、削除したほうがよければ削除するよ〜。


いしとも | 2008/07/04 14:12
ビクアム♪

とうとう、草取りしたんだね!!
綺麗な方がぜったい運気がいいと思うもん。正解だね!

麦茶? OK、OK。
うちの麦茶は色々ブレンドして作るからうまいよ!
いしとも | 2008/07/04 14:14
久々に参りました。
こめんといつもありがとうございます。

初めの写真は誰かと思いました。
いしともさんだったんですね。
流月 水夢 | 2008/07/04 14:42
水夢さん♪

お久しぶりぶり〜。今日は暑いね!

水夢さんとこのタイトルバックも水模様で
夏らしいね! いしともも水が好き♪

>初めの写真は誰かと思いました。

ははは、ワタクシでございまするぅ〜。
いしとも | 2008/07/04 15:44
いしともっちの和服姿、ステキ!!
和装をあまりみることがないので、

帯揚げの出し具合とか、襟のあわせ具合とか、
すごく参考になります。

色も初夏のさわやかなものの中に、
帯周りが暖色で華やかで、
若奥さんという感じです。
これで草履取りなんてもったいない〜。

お茶会の立ち入り禁止のしるし、
聞いたことはあったけど、見たのは
初めて。ほほう〜。

掛け軸やお道具も素晴らしいものを
見せていただきました。
実物はもっとすごかったんでしょうね。

偏食の嬢王様 | 2008/07/05 17:53
嬢王さま♪

おほほ、リクエストにお答えして
襟と帯揚げの写ってる写真を追加しました〜。

襟はね、若いうちはあき具合が90度に近くなるように、
年を重ねるとだんだんV字が深くなるようにすると
いい感じ。

いしともは刺繍の半襟が好きだから
いっつもたっぷり刺繍が見えるように重ねます!

帯揚げはもっと出す方が好きな方と
もっと仕舞ったほうがお好きな方と、お好みで。

本当はもうちょっと出てたんだけど、
お扇子や服紗を出し入れしてるうちに
引っ込んじゃったみたい。ははは。

でも、私たちの年代で、あんまりたくさん
出しすぎるてるのは若作りでヘンだよん。

若作りといえば帯締め、丸のヤツは若い人向けだから、
平型にしましょうねん♪
いしとも | 2008/07/07 16:32
ふわ〜。きれいやねぇ。。。♪
お茶の世界、いいわぁ。。。
とっても憧れてるんですが。。。

昔、「ふくさ(?)」が畳めなくて断念した私!
(超、不器用。)

いしともちゃんの着物姿も素敵〜。
かっこいいなぁ、着物がきちんと着られて、お茶ができるなんて♪
ヤスミン | 2008/08/04 08:57
ヤスミン♪

服紗がたためなくって断念って…、
ヤスミンって器用なイメージなんだけど? ははは。

ヤスミンもお着物似合いそう♪
もう一度レッツトライ茶道だぜ!

いしとも | 2008/08/04 17:48
お尋ねしたいことがあります。私の祖父が大正まつか、昭和のはじめに、新潟県長岡市でおおきな宗偏流の茶会を開いたと聞いています。どのようなものだったのか、たとえば、京都からどなたがおいでにいなったとか、何人招待したとか、わかったら教えていただきたいのです。よろしくおねがいいたします。
渋谷謙二 | 2009/08/07 15:50
渋谷さま♪


コメントありがとうございます。
どうしたら調べられるか色々考えてみましたが…。

とりあえず、お祖父様の宗名(お茶の名前)がわからないと
何も調べらないな。という感じです。

お祖父様は長岡市の方ですか?


他市から出張して大きなお茶会を開くのはかなり難しい
と思いますので、きっと長岡市の宗偏流で、まとめ役を
されていたような立場の方と想像いたします。

まず、宗名を確認して、宗偏流の長岡支部というような
ところがあればそこにお問い合わせをされると
何かわかるかもしれません。

もし、当時のお弟子さんのお名前がわかれば、
そこからまた、お弟子さん→孫弟子さんと辿って
いくこともできるかも…。


もしくは、長岡市の文化協会や茶道連盟のようなところに
お尋ねになるのも手だと思います。


ただ、大きなお茶会といっても規模が色々あります。

ほとんどの地域で、どの流派でも、
数百人程度のお茶会はごく普通に開催されておりますので、
もう少し詳しく(開催時期や何のためのお茶会か)
わからないと、どのお茶会のことかわからないかもです。


あとは、宗偏流の本家に直接お問い合わせになるのも、
ひとつだと思います。

宗偏流のサイトがありますので、そこからご連絡されては
いかがでしょう。


うんと大きなお茶会なら、お家元をお招きされているかも。

そうであれば参加の記録が残っているかもしれませんし、
そうでなくても支部長クラスのお茶人であれば、
本部(本家・宗家)に何かヒントにつながるような
別の記録があるかもしれません。


時期がかなり古いですので、団体でなければ資料が
保存されていないと思いますので、

まずは、お祖父様の宗名を確認して、地元(長岡市)の
団体等にお問い合わせされるといいと思います。


細い蜘蛛の糸を手繰るように、あちこちから
少しずつ情報を集める作業になると思いますが、

こういうことは、情熱と意気込みがモノを言いますので、
思い切ってあちこちお尋ねになることが一番です。

そうすればきっと、思わぬところからご縁がつながる
のではないでしょうか。


色々手を尽くして、自分のことを調べてくれるお孫さんの
ことを、お祖父様がきっとやさしく手助けしてくれることと
思います。



あまりお力になれずすみません。
たくさんの情報が集まることをお祈りしています。


いしとも | 2009/08/10 15:02
茶道宗&#24487;流の中に吉田流があるとのことですが、宗&#24487;流との関係はどんなものですか?吉田流の家元は宗&#24487;流とは別にいらっしゃるのでしょうか?もし、いらっしゃるのでしたら代々の名前を知りたいのです。何か資料はありますか。ありましたら資料名をお教え下さい。
よろしくお願い致します。
太田 | 2012/01/16 21:41
太田さま♪

こんにちは、茶道宗偏吉田流は宗偏流から別れて
独立した別の組織として活動しています。

記憶があやふやですが、分派したのは
20年程前のことだったと思います。

家元はおらず、現在は開祖の山田宗偏にゆかりの深い
臨済寺のご住職が、会長として会をまとめておられます。

資料は…。特にありません。
公式サイトがありますので、宗偏吉田流で検索してみてください。
いしとも | 2012/01/17 02:21
Здравствуйте!
Эксклюзивный товар, такого Вам никто не предложит в интернете.

Если Вы заядлый путешественник, то моя инструкция для Вас.
Вы узнаете как приобрести практически любой тур за половину цены,
а в некоторых случаях и за 40% от цены. Экономия - десятки тысяч рублей.

Представляем базу продавцов туров на эксклюзивных условиях.
К примеру отель 4-5* Тайланд - 40 000 рублей на двоих 10 дней с перелетом.
Подробности здесь http://pastebin.com/rRXmHrZJ
Alltraveler | 2017/01/30 05:57
COMMENT